新鋭イギリス発デジタル製品ブランドNothingが資本業務提携、約56億円出資

新鋭イギリス発デジタル製品ブランドNothingが資本業務提携、約56億円出資

イギリス発デジタル製品ブランドNothingは10月12日、シリーズA+で5000万ドル(約56億円)資金調達したことを公表しました。融資金は新製品研究開発に使われる予定です。

また、半導体大手Qualcommと業務提携が決定し、今後の新製品にQualcomm モバイルプラットフォームを採用することが決まりました。

初製品のワイヤレスイヤホンNothing ear (1)が8月発表から注目を集めて、2ヶ月未満で販売台数10万台突破しまして、成功を収めました。「ear (1)の成功は、例え競争の激しい業界でも、独創的な製品を出せる挑戦者が本来の市場バランスを崩すことができて、生きられるスペースを見つけられることを証明しました。ユーザーの皆様には、デザイン性にあふれた完璧な体験を提供できる製品こそがふさわしいです」Nothing CEO兼共同創設者のCarl Pei氏がそう話しています。Nothingは人間と技術のシームレスな未来が必ず来ると確信しています。今回Qualcommとの業務提携はその未来に一歩近づけて、Nothing次の段階への成長に繋がっています。

「Nothingとパートナー関係を築けたことを非常に嬉しく思っています。Nothingが作ろうとしているエコシステムを非常に楽しみにしていています。Qualcommモバイルプラットフォームの素早い5G接続を通じていろんなデバイスが繋がれ、ユーザーの皆様に革新的な素晴らしい体験を提供できます。」Qualcomm EUの副会長Enrico Salvatoriがコメントしています。

ワイヤレスイヤホンear (1)で最高なスタートを切ったNothingは、今後Qualcommとどんな化学反応が生まれて、どんな商品を提供してくれるかは要注目です。

最新情報を確認するには、Nothingの Instagram Twitterをフォローするか、または nothing.tech にアクセス、メールマガジンの配信にお申込みください。

お問い合わせ

press@nothing.tech

Brand Assets